本文へスキップ
HOME ○○ネットとは 活動報告 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
お知らせ

重要なお知らせ

渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例
■はじめに
滝上町は釣りの体験観光振興と魚の保護のため平成7年に鎮橋から開明橋までの8kmを渚滑川魚族保護区域として設定し、キャッチアンドリリースの徹底を図り、ルールとマナーの中で楽しい釣りをしていただこうと、釣り人に協力を呼びかけてきました。また、平成9年には虹の橋から滝西堰堤までの16kmを同様に設定し、現在に至っています。それと併せて案内看板の設置や駐車場の確保なども進めてきたところです。
キャッチアンドリリース区間を設定したのは、全国でも滝上町が最初であり、これをきっかけにキャッチアンドリリース区間の設定は全国に広がったところであります。
キャッチアンドリリースについては、町が釣り人に対し協力とお願いのみで進めてきたところですが、すでにかなりの年数になっています。しかしお願いのみではなかなか思うような状況になっていかないのが現状であります。そこで町はアピール度をさらに強固にし、釣りを観光事業として積極的に推進して釣り人に対し安心・安全な釣り場提供を進めていくために「滝上町渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例」を定め、渚滑川におけるキャッチアンドリリースを宣言しました。この条例にはいくつかの決めごとを定めており、釣り人の皆さんに決まり事の厳守とマナーをもって楽しんでいただくよう協力を求め釣りの体験観光振興と渚滑川というすばらしい財産を保護していくこととなりました。(2009年4月1日から施行)

■渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例内容
・キャッチアンドリリースの区域
紋別市との境界である開明橋から3区滝西堰堤までの渚滑川を滝上町渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース区間(以下「キャッチアンドリリース区間」という。)とし、この区域では釣れた魚は即放すよう求めることとしました。今後キャッチアンドリリースが進めば、放流の縮減を図り循環による育成を進めていくことも可能となってきます。
・渚滑川における釣具の制限
滝上町のキャッチアンドリリース区間においては、多くの魚を残していくために、釣りをする場合の竿は1本としました。また、魚のダメージを少しでも軽減するため釣り針においてはすべてシングル(1本針)のみとしました。
・専用エリアの設定
実際リリースされた魚がどの程度生息するかを試験するための場所として、洛陽の滝から滝上橋までの区間は、ルアーフィッシング及びフライフィッシング専用エリアとしました。
・釣りの期間
春の産卵期を外すためと終了間際のダメージを少しでも減らすために、キャッチアンドリリース区間における釣りの期間は、毎年5月1日から11月30日までとしました。
・釣り場監視員の設置
渚滑川魚族の保全のため、釣り場監視員を置くこととしました。監視員は町から委嘱されマナー違反者には注意し協力を求めていくこととしました。

以上ですが、渚滑川におけるキャッチアンドリリース条例について、ご理解をいただきご協力のほどよろしくお願いいたします。
渚滑川の情報
[渚滑川の位置]
北海道道東地区。渚滑川は天塩岳の流水を源とし、滝上町・紋別市を経てオホーツク海に注ぐ流程84kmの一級河川
[キャッチアンドリリース区間]
下流開明橋から上流滝西堰堤までの間約30kmとなっている。この区間はすべての魚族においてリリースしなければならない。とてもフライ向きとなっています。
[渓相]
虹の橋から上流域(16km)は、6線から渓谷となっており、崖地を降りることになりますので十分な注意が必要である。岩により深場が形成されている。流れは結構きつくFFの場合バックはとりにくい。洛陽の滝から下流域(14km)はFFの最高の場所である。トロ場と早瀬が連続に続いており、時間帯によってはマッチザハッチの釣りを楽しむことができる。
[入渓点]
キャッチアンドリリース区間の周辺はほとんど畑であるため、川に入る場所はかなり限定される。マップ参照
[魚種]
主にニジマスであるが、他にエゾイワナ、カラフトイワナ、ヤマメ、ウグイなどが生息している。また道の規定により鮭、鱒類は河川内での採捕禁止となっているので法律を参照のこと。
[釣期]
キャッチアンドリリース条例では5月1日から11月末日となっているが、実際は6月上旬から10月下旬となっている。ヤマメは5・6月が禁漁なので7月からになる。
[雪代期]
4月上旬から5月下旬。ただし、雪が多い場合は6月まで続くことがある。
[入漁券・販売所]
渚滑川での釣りは基本的に無料となっている。
[ルート]
旭川から車で高規格道路の場合約1時間30分(レンタカーが最適) 紋別市から車で40分程度(レンタカーが最適)
[宿泊]
滝上町元町 ホテル渓谷(Tel 0158-29-3399) 
滝上町元町 末広旅館(Tel 0158-29-2052)
滝上町濁川 栄旅館(Tel  0158-29-2317)
[キャンプ場]
渓谷公園内にテントを設置できる。炊事場、トイレあり 
申込み 渓谷公園センターハウス(Tel 0158-29-4233)
[食堂]
ホテル渓谷、レストランシルバーハット、ラーメンのみどちゃん
[商店]
セーコーマート

イベント

2017 Trout Derby Vol 21を開催いたします


ダービーの趣旨及びルールに賛同いただいたフライマン及びルアーマンであれば、どなたでも参加いただけます。当然優勝者を初め参加者の皆さんには賞品が用意されております。また、競技終了後は、参加者の親睦を深めるため、表彰式をかねた懇親会も開催いたします参加希望者はどしどしお申込ください。

☆メール申込み syokotukawa@oregano.ocn.ne.jp
☆直接申込み 釣り小屋
☆開催日  2017年7月8日(土)ホテル渓谷前広場
☆受付時間 午前10時30分から
       ダービー開始正午終了は午後7時です。
☆午後7時過ぎ表彰式及び懇親会  会場 決定次第お知らせします
☆参加費  1人5,000円 高校生以下2,000円 
☆参加人数 40名になり次第締め切ります

6月14日をもって参加者募集は終了しました。
 フライフィッシングを体験しませんか


滝上渚滑川では長年ニジマスの放流を続けてきてその甲斐あってニジマスの川として多くの釣り人に知れ渡っています。ですから毎年リピーターの方も含めてたくさんの釣り人が訪れ楽しんでいます。
しかし、フライでの釣りはやりたいがフライフィッシングはどうも難しそうでとお考えの方や、フライはするがまだ初心者的な感じで川での釣りはしたことがない方や、親子や女子会や友達同士でいきたいなと思っている方などを対象に渚滑川で釣りをする前のレクチャーについて地元の守る会のメンバーがお手伝いさせていただきますので是非おいでください。内容は下記の通りです。

☆実施期間 6月〜10月まで 
☆対象人数 1日に若干名
☆内容    ・フライキャスティングレッスン ・フライ作成 ・希望があれば実釣も
☆道具等  道具をお持ちでない方にはレッスン用の竿等はお貸しします
☆対象者  守る会新規会員になっていただいた方(会費2000円)、現在会員の方
☆メール申込み
syokotukawa@oregano.ocn.ne.jp
☆直接申し込み 釣り小屋 扇谷まで

事前申し込みが必要ですので、1週間前までにお願いします
 キャスティング講習会を開催します


毎年開催しているフライキャスティングスクールを下記の通り開催いたします。講師はフライキャスティングで全国的にも高い技術で知られている千葉貴彦さんにお願いしています。フライには興味あるが、まだ触れたこともない方、フライはしているがもう少し技術を磨きたい方、ある程度フライには自信があるが、今以上に上達したい方など多くの方の参加をお待ちしています。参加費は無料となっています。

☆メール申込み syokotukawa@oregano.ocn.ne.jp
☆直接申し込み 釣り小屋の扇谷まで
☆開催日 8月6日(日)
☆集合時間、場所 午前9時 釣り小屋まで
☆参加費 無料です

 フライタイイング講習会を開催します

今年度からフライタイイング講習会を下記の通り開催していきます。講師は植野真樹さんにお願いしています。植野さんはウエットフライを中心に、とにかく綺麗でかっこ良くさらに独創性にとんだフライをタイイングしています。今回は実践的なフライをタイイングしていきたいと思っています。第1回目はイトウフッシングなどに有効なイントゥルーダー的なフライを主体に行います。参加料は無料ですので多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

☆開催日時 9月24日(日) 午前10時から
☆開催場所 釣り小屋
☆参加費 無料

お知らせ